MENU

『結局、老後2000万円問題ってどうなったんですか?』から学び、自分の老後資金の見通しを立てよう!

コウカワシン

こんにちはコウカワシンです。

今回は岩城みずほ(いわき・みずほ)さんの著書『結局、老後2000万円問題ってどうなったんですか?』から学ばせていただきます。

スポンサーリンク
目次

『結局、老後2000万円問題ってどうなったんですか?』は、どんな本?

『結局、老後2000万円問題ってどうなったんですか?』は、ズバリ!「老後のお金の不安を取り除く精神安定剤」的な本です。

本書は、このような本

人生100年時代っていうけど、長生きすりゃお金もそれなりにいるよなあ・・・。

2000万円貯めなきゃ老後貧乏するって、メディアが言ってる・・・。

ところで、年金って本当にもらえるの??

このような声が聞こえるようになったのは、2019年に金融庁が提出した、金融審査会市場ワーキング・グループ報告書により「老後2000万円不足問題」が話題になってからだと思います。

「老後の生活のためには退職までに2,000万円を準備しなければならない」という内容で、多くの人が慌てふためいたのは、記憶に新しいですね。

若い人たちにとっても、家庭を持ち、子どもが生まれ、家を買い、教育資金とくれば、お金のことを真剣に考えていかなければいけなければいけません。

暮らしにかかるお金は、もちろんですが、老後にかかるお金を2000万円も準備するとなると、それなりのライフプランが必要になります。

ですが最近、あまり「2000万円」というワードが聞かれなくなったとは思いませんか?

それもそのはず、ファイナンシャルプランナーである岩城みずほ(いわき・みずほ)さんによると、「今は、50万円なんです」という答えが返ってきます。

岩城さんの著書『結局、老後2000万円問題ってどうなったんですか?』では、「老後資金2000万円不足問題」、「年金」、「お金の貯め方」、「保険」、「人生100年時代を豊かにする生き方」といった、わたしたちが興味惹かれるテーマに率直に答えてくれています。

今後お金に関して心配も失敗もしないために、知っておくべきことが詰まった一冊といえます。

本書は、誰におすすめか?

『結局、老後2000万円問題ってどうなったんですか?』が、おすすめな人

  • 年金制度に心配を抱えている人
  • 老後資金をどうやって増やしていいかわからない人
  • 保険の見直しや投資について興味のある人
タロー

ぼくのお父さんは、今30代半ばなんだけど、家族のためにバリバリ働いている。

お母さんも働いているけど、2019年に「老後2000万円不足する」というニュースを見てから、家族の中で「切りつめなきゃ」という空気が漂ってきて、なんだか重苦しいんだ。

ぼくやお兄ちゃんを大学に入れたいから、なお一層がんばると思うんだけど、ぼくはお父さんやお母さんの体のことが心配だなあ。

「人生100年時代」

長生きするのは良いことだけど、お金で苦労するのってヤダなあ。

パソコンくん

そうだよね。

お金のことは真剣に考えなければいけないと思う。

だからさ、本当に大事なのは、「生活にいくらかかっているか?」「これからいくらお金が必要か?」というライフプランニングと、「年金受給予想額の把握」、それを踏まえて「老後生活のライフプランニング」だ。

そして「老後2000万円不足問題」だけど、その実態や今の状況を知る必要があるとは思わないかい?

多くの人は、報道や金融関係者の情報にあおられて不安に感じ、必要でもないものにお金を使ったりしているというよ。

岩城みずほさんの『結局、老後2000万円問題ってどうなったんですか?』という本を一度読んでみるといいね。

お金の不安がすごく軽くなると思うよ。

マネーリテラシー(お金の知識)を身につけるために社会人はもちろん、学生さんにも読んでほしいね。

『結局、老後2000万円問題ってどうなったんですか?』の要点は?

2019年6月に老後資金2000万円が不足するっていう報告が、当時の麻生財務大臣からありましたよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

四国在住。
ミニマリスト。趣味は映画観賞と音楽鑑賞、読書、野球観戦。
映画は特に好き嫌いなくほとんどのジャンルーを観ます。音楽はジャズとクラシックが大好きです。読書は歴史書が好きでよく読みます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる