【重要】元海上自衛官が語る「5分前行動」で得た教訓

こんにちはコウカワシンです。

皆様、「5分前行動」ってどこかで聞いたことありますよね。

物事の予定時間の5分前にはその場所に赴き、定時に物事を始められるように準備を整えておく事を指します。

この「5分前行動」を私は海上自衛隊入隊時に教わり今でも守るべき教訓として心がけています。

この「5分前行動」は海上自衛隊で「5分前の精神」といわれ旧帝国海軍時代からの伝統を受け継いでいるものなのです。

スポンサーリンク
目次

「5分前の精神」

定刻の5分前には準備を終えておき、定刻と同時に作業を始められる状態。この言葉の持つ意味は「常に一歩先のことを考え、それに対する時間的、精神的余裕を持ち、事に臨むことが肝要」ということです。

これって一般の社会人でも通用する教えでもあり社内の会議とか取引先との打ち合わせなど準備万端、相手を待つくらいの余裕があればその仕事は高い確率でうまくいくといわれています。

5分前行動 実践編

まず海上自衛隊時代にやってた事ですが

  • 自分の腕時計の時刻を5分前に合わせる。
  • その時刻の5分前に行動をする。
  • できればもう5分、余裕をもって行動する。

15分前には準備ができているように心がけました。

それには理由があり

  • 待っている間にもう問題はないか見直しができる
  • 問題があった場合に手直しができる
  • 待つ方が気が楽である

からなどです。

5分前の精神を守れなかったために招いた失敗談

海上自衛隊で部隊に配置された時の失敗談ですが、護衛艦など艦艇が航海中に重視するものの一つに天気図があります。舵を受け持つ航海員が必要とするもので今ではしていないでしょうけど、その当時はFAXで受け取っていました。

そのFAXを受ける役目が通信員の私なのです。毎日のことで馴れてしまったせいかFAXの紙が切れていたことを忘れ時間ギリギリで受け取りに行くと案の定失敗。こっ酷く叱られました。

それからは紙の確認はもちろんのこと、余裕をもって受け取りにいき5分前でもまた紙の確認をするなど2度と失敗しないように心がけました。

この経験が今でも早め早めの準備をする行動に駆り立てるのだと思います。

5分前行動が身につくコツ

5分前行動が身につくコツ

  • 睡眠時間を増やす
  • 準備する時間に余裕を持たせておく
  • 出先でも出来ることは出先で行う
  • 15分前行動を心がける

睡眠時間を増やす

朝寝坊とかは寝足りてない場合の人が多いと思います。睡眠時間を増やし、しっかりリフレッシュして定めた時間に起きれるようにしましょう。しっかり寝たら体のコンディションも整い高いパフォーマンスが出せ良い結果につながります。

準備する時間に余裕を持たせておく

5分前行動を取れるようにするには大幅な時間の余裕を見ておくのも有効です。例えば1時間くらい時間を取っておくと5分以内ではできないこともできる上に心の余裕も生まれます。慣れるまでは1時間前行動も有効です。

出先でも出来ることは出先で行う

ちょっとしたスキマ時間にスマホとかを見ちゃって時間に遅れそうになる人はいませんか?でもSNSとか着信があったら気になりますよね。この場合は先に行動し出先とかその場所に移動しましょう。移動を済ませた後でスマホチェックすれば良いと思います。

15分前行動を心がける

先ほども述べましたが5分前と言いつつ15分くらい余裕があれば心にゆとりが生まれます。それから周りの関係者からも「きちんとした人」として良い印象をもってもらえます。良い印象=信用です。心がけているだけでただで手に入ります。

まとめ

5分前行動の事をやれ古くさいとか社畜文化だとかの意見を聞くことがありますが私はそうは思いません。時間はどの人にも有限です。その時間を大切にしない人と価値観も違いますし関わりたくもありません。

しかも、いつも時間にゆとりを持ち時間を守るだけで得られるメリットの大きさを考えたら自分としたらプラスなのではないかと考えます。

すべては自分のため!

なのですからね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

四国在住。
ミニマリスト。趣味は映画観賞と音楽鑑賞、読書、野球観戦。
映画は特に好き嫌いなくほとんどのジャンルーを観ます。音楽はジャズとクラシックが大好きです。読書は歴史書が好きでよく読みます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる