MENU

『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』から学ぶプラス思考の持ち方

コウカワシン

こんにちはコウカワシンです。

今回は佐藤伝さんの著書『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』から学ばせていただきます。

「なぜか、いつもイライラする・・・・・・」
「なぜか、お金が貯まらない・・・・・・」
「なぜか、上司や同僚とウマが合わない・・・・・・」
「仕事が終わるとヘトヘトで、なにもやる気が起こらない・・・・・・」
「このごろ仕事が、おもしろくない」

こんな悩みありませんか?

いったい何がいけないのかは、いろいろ原因があると思います。人間は生身の生き物ですし、社会的動物ですので、精神的身体的に疲れが溜まり体調不良などを引き起こすというのも考えられますよね。

一方、仕事が忙しいのもなんのその~、いつも元気ハツラツで、バイタリティーあふれ、何をやってもうまくいく人って、身近にいませんか?

このような人を見ると「何が違うんだろ?」って、思いますよね。

『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』の著者佐藤伝(さとう・でん)さんは、「習慣」が違うからとし、本書でうまくいくための88の「秘密の習慣」を紹介しています。

スポンサーリンク
目次

なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」は、どんな本?

『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』は、ズバリ!「人生を好転させる小さな習慣88」です。

『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』は誰におすすめか?

本書はこのような人におすすめです。

『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』がおすすめな人

  • うまくいく習慣を身につけたい人
  • いつも心にゆとりがない人
  • 仕事で成果をあげたい人
タロー

いつもうまくいってる人って「強運」の持ち主だよね。

パソコンくん

いやいや、「強運」を呼び込むためのコツがあるんだよ。

それは、毎日のちょっとした「習慣」なんだ。

そのことを「習慣の専門家」佐藤伝さんが『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』で、88個ほど紹介しているよ。

社会人はもちろん、これから社会に巣立つであろう学生さんにもぜひ読んでほしいね。

amazonの書籍紹介より

著者累計150万部、
人気の「習慣の専門家」が伝授!


人生が劇的に好転する
「ハッピー&サクセス」な習慣を
88項目厳選したベスト&決定版!

「毎日、1時間散歩をする」ではなく、
『毎日、散歩用のシューズに触れる」だけでOK!

ーーこんな「マイクロ習慣」の積み重ねが、驚くほどの成果を生みます。
これこそが、「習慣の秘密の力」なのです。

ほんのちょっとでいいんです。ちょっとずつ、ちょっとずつ、
そのちょっとが人生を変革するエンジンになります。

本書では、そんな力を持つ選りすぐりの「秘密の習慣」を、88個集めました。
ぜひ、できそうなものから取り入れて、ワクワクする人生に変えていきましょう!

『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』は、現在(2022年3月26日時点)amazonの本読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」の対象になっています。

キンドルアンリミテッドは、ビジネス書からマンガまで幅広いジャンルの本が読み放題です。ぜひこの機会にご検討ください。

『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』の要点は?

「習慣」といっても、「毎日、英語を2時間勉強する」と決めたら毎日ストイックに勉強することではありません。たとえ、それができていたとしてもその日の体調や突然のアクシデントでできなくなり、しだいに挫折してしまうかもしれません。

それよりも毎日少しずつでもやれること、たとえば「毎日、英語を5分だけ勉強する」なら体調が悪い日でも忙しい合間のスキマ時間にでも可能になってきます。

このような「小さな習慣」を少しずつ積み重ねることが何事もうまくいく要因になっていくのです。

この「小さな習慣」のことを著者は「マイクロ習慣」といって、成長のもとになるとしています。

『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』では、「マイクロ成長習慣」を88個ほど紹介しているのです。

コウカワシン

それでは『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」』から、わたしの独断と偏見で要点をチェックしていきたいと思います。

「マイクロ習慣」こそが人生を変える

毎日0.1%の成長をしよう

突然ですが、問題です。

もし、ゾウを1頭、完食しなければいけないとしたら、どうやって食べればいいでしょうか。丸ごと全部、一人で食べきるのが条件です。

無理難題で、とうていできることではない、と思う人もいるでしょう。
逆に、いろいろな答えが頭に浮かんだ人もいるかもしれません。

答えは、「一口ずつ食べる」です。これ以外の答えはありません。人間が口に入れられるのは、口に入るボリューム、つまり一口だけ。それを続けて食べていくほかないわけです。この問題は、私たちに大きな示唆を与えてくれます。

いきなり「ゾウ1頭食べきる」なんて、突拍子もない出だしで始まりました。

この「ゾウ1頭」の意味は、「自分の目の前の大きな目的とか困難」などを指します。これらのことを克服するには自分にできることをちょっとずつ、ちょっとずつやっていくしかありません。

つまり、「スモールステップよりもさらにブレイクダウンし、赤ちゃんが歩くくらいのベビーステップが大切」ということです。

このベビーステップのことを著者は「たった0.1%の成長を続けること」と表現します。

わたしたちに必要なのは、昨日より今日0.1%成長し、それを続けることなのです。

「毎日、英語を2時間勉強しよう」と決意したとしても、翌日、もしくは数日のうちに挫折する恐れはあります。それよりも昨日よりは今日0.1%頑張るとして「英語を5分勉強する」などの目標ならできそうではありませんか。

0.1%だなんて、あってもなくても影響がなさそうに見えますが、これを続ける、つまり習慣にすることで、たった0.1%でも、694日後には、今日より2倍の成長という大きな成果になっていきます。

著者はこれを「習慣の秘密の力」だといいます。

コウカワシン

ほんの少しでいいなんて、なんだか心が軽くなりますよね。

マイクロ成長習慣をぜひ身につけたいと感じました。

毎日を「いい気分」過ごすための「心のクセ」

どんなネガティブなことでも「いい気分」で過ごすために肯定的にとらえてみる

「約束をドタキャンされた」

「急いでいるのに、交通渋滞に巻き込まれた」

こういうことがあると、なんだか気持ちがネガティブになりますよね。そのようなときにそのできごとが自分にどのようなメッセージを送っているか考えると気持ちが軽くなります。

ことわざで「人間万事塞翁が馬」(にんげんばんじさいおうがうま)があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

四国在住。
ミニマリスト。趣味は映画観賞と音楽鑑賞、読書、野球観戦。
映画は特に好き嫌いなくほとんどのジャンルーを観ます。音楽はジャズとクラシックが大好きです。読書は歴史書が好きでよく読みます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる