MENU

『私の財産告白』から学ぶ人生を間違えない方法論

コウカワシン

こんにちはコウカワシンです。

今回は本多静六さんの著書『私の財産告白』から学ばせていただきます。

お金持ちになりたい人

お金持ちになりた~い!

経済的自由を手に入れたい人

経済的自由がほしいわ~!

誰もが「お金持ちになりた~い!」とか「経済的自由を手に入れて好きなときに好きなことをできる生活が送りた~い!」って、思いますよね。

「経済的自由」があれば、やりたくない仕事はしなくてもいいし、生活の自由度がかなり違います。

お金持ちになりたいなら先人から学ぶのが一番です。

世界には「ユダヤ人大富豪の教え」とか「バビロンの大富豪」、「ユダヤ人の成功哲学「タルムード」」、「となりの億万長者」などのお金持ちになるための名著があります。

ん?日本にはそういうのないの??

と思っている人は、多いのではないですか?

実はあります!

「日本の公園の父」と言われた元東大教授でありながら巨万の富を手にした人。

その人が、『私の財産告白』の著者本多静六さんです。

本多さんは、貧農に生まれながら苦学して東大教授になり、「月給4分の1天引き貯金」を元手に投資して巨万の富を築かれました。

そしてその全財産を寄付して働学併進の簡素生活を実践されたのです。

この『私の財産告白』は、84歳という最晩年の本多さんが、略歴及び、お金持ちになるための錬金術、思考法、戒めの心得など、経験をもとに語られたものです。

これは時代を超えて響く普遍の真理ともいえる内容の一冊なのです。

スポンサーリンク
目次

『私の財産告白』は、どんな本?

『私の財産告白』は、誰におすすめか?

『私の財産告白』は、ズバリ!「日本版・バビロンの大富豪」です。

本書はこのような人におすすめです。

『私の財産告白』がおすすめな人

  • お金持ちになりたい人
  • お金の貯め方を知りたい人
  • 人生を豊かにしたい人
タロー

まさにお金持ちになるためのバイブルだね。

パソコンくん

いやいや、それだけじゃないよ。

本多さんは、同じ郷里の渋沢栄一さんの影響をすごく受けていて、『論語と算盤』の申し子ともいえる人なんだ。

本多さんは、東大教授を定年で退任されたとき、老後資金を残して資産のほとんどを寄付されたり、戦後にはその老後資金でさえも没収され無一文になったにもかかわらず、勤倹生活をすることで「120歳までは生きられる」と断言されたんだよ。

そんな本多さんの体験談をぎっしりつめ込んだ、「最強の人生を歩む処世術」とも言える本なんだ。

だから、社会人が読むだけでなく、これから学校で始まるマネーリテラシーの教科書にでも使ってほしいね。

amazonの書籍紹介より

誰でも豊かで幸福になれる! 

日本人が書いた最高の人生哲学。

貧農に生まれながら苦学して東大教授になり、「月給4分の1天引き貯金」を元手に投資して巨万の富を築いた男、本多静六。

停年と同時に全財産を寄付して、働学併進の簡素生活に入った最晩年に語った普遍の真理は、現代を生きる我々に今なお新鮮に響く。

「人生即努力、努力即幸福」をモットーに生きた人生の達人による幻の名著!

『私の財産告白』は、現在(2022年3月21日時点)amazonの本読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」の対象になっています。

キンドルアンリミテッドは、ビジネス書からマンガまで幅広いジャンルの本が読み放題です。ぜひこの機会にご検討ください。

そして、amazonの聴く読書「Audible(オーディブル)」で、聴くことができます。

通勤通学などのスキマ時間にぜひご活用ください。

『私の財産告白』の要点は?

本多静六さんの経歴をお知りになりたい人はまずこちらをどうぞ!

実業之日本社「本多静六」特設サイトより

両学長の動画でも詳しく解説されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

四国在住。
ミニマリスト。趣味は映画観賞と音楽鑑賞、読書、野球観戦。
映画は特に好き嫌いなくほとんどのジャンルーを観ます。音楽はジャズとクラシックが大好きです。読書は歴史書が好きでよく読みます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる