MENU

『話を聞かない男、地図が読めない女』から学ぶ女心をつかむ男になるために大事なこと

コウカワシン

こんにちはコウカワシンです。

今回は、アラン・ピーズさんとバーバラ・ピーズさんの共著『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』から学ばせていただきます。

アラン・ピーズさんとバーバラ・ピーズさんご夫妻が2000年に出版された『話を聞かない男、地図の読めない女』は、日本だけでも200万部を超える大ベストセラーとなりました。

この本を書き上げるのに要した期間は3年。要した移動距離はのべ40万キロにもなり、論文を調べ、専門家にインタビューしたり、セミナー開催のために、世界30ヵ国以上を訪問されたのです。

その内容は、きちんとした根拠とユーモアをたっぷり入れ多くのファンを獲得しました。

そして2015年に新装版として出版されたのが本書です。本書は、旧版に比べて、要点を絞り読みやすくなっています。

昨今コロナ禍で、在宅勤務が増えた家庭もあると思います。つまり、いつも一緒にいるカップルがかなりいるということで、その中で少なからずお互いの理解不足による衝突はあるのではないでしょうか。

そこで、男女の性質の違いを本書から学び、仲むつまじい時間をお過ごしいただければと思います。

なお本書は、amazonの本読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」の対象本です。

キンドルアンリミテッドは、ビジネス書からマンガまで幅広いジャンルの本が読み放題です。ぜひこの機会にご検討ください。

スポンサーリンク
目次

『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』は、誰におすすめか?

本書は、このような人におすすめです。

『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』が、おすすめな人

  • 異性との関りで考え方の違いを感じる人
  • 女性から一目置かれる男性になりたい人
  • 結婚生活を円満にしたい人
タロー

クラスの会議でね。みんながいろんな意見を出すから議論がまとまらないんだ~。

だけど、男子はひとつの問題に集中して意見を出す、女子はいろんな視点から意見を出す、つまり双方とももっともなことを言ってるのよ。

学級委員のぼくとしては、結論を早く出したい気はあるんだ。

だけど、それでは女子から「ちょっと~、ちゃんと聞いてる?」って文句が出そうだし、なかなか難しいなあ。

パソコンくん

ははは(笑)

学級委員はなかなかたいへんだね。

でも良いところに気づいたね。男子と女子とでは考え方がちょっと違うんだ。

男性はシングルタスクだから一つのことに集中して考え、結果を求めるけど、女子はマルチタスクで細かいところによく気がつくし、とにかくあの文章力には敵わないだろうね。

それは「脳」の使い方が根本的に違うからだといわれている。男子はそこのところを意識していないと女子に言葉攻めにされて負けてしまうだろうね。

それは、ふつうに日常の付き合いでも言えることだから、世の男性はみんな、しっかり女性の性質を知ることで、うまく付き合っていけるといいと思うよ。

それにはアラン・ピーズさんとバーバラ・ピーズさんが書いた『話を聞かない男、地図が読めない女』を読んでみることだよ。

『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』は、どんな本?

本書の目次

『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』

訳者まえがき
はじめに

第1章 同じ種なのにここまでちがう?
第2章 そうだったのか!
第3章 すべては頭のなかに
第4章 話すこと、聞くこと
第5章 空間能力
第6章 思考、態度、感情
第7章 不思議な化学変化
第8章 男は男、でも・・・・・
第9章 男と女とセックスと
第10章 結婚、愛、ロマンス

あとがきにかえて

著者の紹介

アラン・ピーズ

1952年生まれ。オーストラリア・ブリスベーン在住。

日本で200万部、全世界で600万部のミリオンセラー、42カ国でNo.1ベストセラーになった『話を聞かない男、地図が読めない女』の共著者。

ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツの会員でボディ・ランゲージの世界的な権威である。

ヒューマン・コミュニケーションをテーマに世界各地で講演を行っている。

バーバラ・ピーズ

オーストラリア・ブリスベーン在住。

日本で200万部、全世界で600万部のミリオンセラー、42カ国でNo.1ベストセラーになった『話を聞かない男、地図が読めない女』の共著者。

ピーズ・トレーニング・インターナショナルのCEOとして各種ビデオの制作にあたるほか、世界各地の企業や政府を対象にトレーニング講座やセミナーを開催している。

夫妻は毎月、人間関係にまつわるコラムを共同で執筆しており、2000万人を超える愛読者を獲得している。

共著

話を聞かない男、地図が読めない女』主婦の友社 (2002/9/1) 
図解 話を聞かない男、地図が読めない女 』主婦の友社 (2017/6/2) 
言葉でわかる「話を聞かない男 地図が読めない女」のすれちがい』主婦の友社 (2001/9/20) 
自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング』サンマーク出版 (2017/8/10) 
他人とうまくやっていく』サンマーク出版 (2020/4/21) 
セックスしたがる男、愛を求める女』主婦の友社 (2010/7/14) 
嘘つき男と泣き虫女』主婦の友社 (2004/3/19) 

本書の内容

『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』は、ズバリ!「男と女の解説書及び取扱説明書」です。

amazonの書籍紹介より

あの世界的ベストセラー「話を聞かない男、地図が読めない女」が内容全面見直しで登場! 

男女の考え方の違いは、脳の違いにあった。その秘密をわかりやすく解き明かします。

「男が話をする目的は解決策を得るため」です。

これに対して「女が話をする目的は人間関係づくり」となります。これは、脳の違い、そして「男性ホルモン=テストステロン」「女性ホルモン=オキシトシン」の働きの違いが起因しています。

異性の友だち、恋人、結婚相手・・・、大切な人と些細なケンカが絶えない方は、これ1冊で解決!

コウカワシン

『話を聞かない男、地図の読めない女』だなんて、ずいぶんなことを言ってくれる本だなあと思っていましたが、内容は男女の歴史も踏まえ、そのことにより「脳」が進化した弊害を説明してくれています。

最近では、男女の境界をつくらないような教育や政策論争が繰り返されていますが、そもそもの「男性脳」「女性脳」を理解していないと、必ず無理が生じます。

これは、少数単位・・・つまりカップルの間でも起きうる問題で、特に男性は女性に比べてそういう部分に鈍いのではないでしょうか。

そこで、本書から、うまく女性と付き合っていくためのスキルを身につける必要があります。

『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』の要点は?

夫婦関係でも、恋人関係でも、はたまた友人・知人、職場の同僚といった場合でも、男女間では、思わぬ考え方の違いからつい言い争うことがないですか?

「なんで、男はわかってくれないのよ」とか「この女、ウゼえ~」なんて、思うことありますよね。

その原因は、人類が地球上に現れてから現代にいたるまでの数百万年という長い間に培われてきた男性と女性の考え方や行動をつかさどる「脳」のしくみに違いがあるからです。

ですので、この部分を理解しないと、思わぬ場面で衝突を繰り返すことになります。

とくに男性は、この性質の違いをわからずに女性にわがままな愛を求める傾向があります。でもそれでは、相互理解が進むことがなく、女性から愛想をつかされかねないのではないでしょうか。

最近では、リモートワークでで、家にいる時間が増えた人もたくさんいると思います。

知らず知らずのうちに・・・奥さんに迷惑をかけていませんか?

そんなこんなで、トラブルを招かないために・・・そして、もっと女性の心理を学んで、「好かれる男」になるために、本書は必要な事を教えてくれます。

コウカワシン

そんな中から、わたしの独断と偏見で、男性が気をつけるべきことを紹介したいと思います。

女性と男性の考え方の違い

男性脳とは

男性脳は、まず結論から入り問題点を見つけて素早く行動する装置です。そして空間認知能力や論理的思考に優れています。

様々なデータをすぐさま整理し効率よく順序付けて処理する能力に長けているのです。

ですので、男性は女性に比べて、パイロットやタクシーなどの運転手、そして建築家とか会計士といった職業に就く人が圧倒的に多いです。

それから、目標達成や地位、権力を求める傾向が強いのも男性脳の特徴といえます。

女性脳とは

女性脳は、プロセス思考で右脳と左脳の連携がよく、共感型です。

つまり、プロセスを語ることにより共感して、話を聞いてもらうことで問題解決エンジンが働く、そこでようやく答え・結論を出すのです。

それから言語能力や共感能力に優れています。

この特性により、人間関係、コミュニケーション、愛といった、人との関りを大事にする能力に長けているのです。

ですので、看護師、保育士などの職業は男性に比べて圧倒的に多く、言語能力を生かして国語・英語といった言語系教師の割合も男性より女性のほうが多いそうです。(逆に理数系教師は男性が多い)

なぜ、男女の脳に違いが出たのか?

はるか昔、狩猟採集社会だったころ、男は危険だらけの外界に毎日出かけては、自分の生命をかけ食べものを手に入れる。それを女と子どもたちに食べさせ、猛獣や敵から家族を守らなくてはなりませんでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

四国在住。
ミニマリスト。趣味は映画観賞と音楽鑑賞、読書、野球観戦。
映画は特に好き嫌いなくほとんどのジャンルーを観ます。音楽はジャズとクラシックが大好きです。読書は歴史書が好きでよく読みます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる