MENU

『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』から学ぶ発想力強化のコツ3つ

コウカワシン

こんにちはコウカワシンです。

今回は、木村尚義さんの著書『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』から学ばせていただきます。

本書は、常識をくつがえし、前提にとらわれず、発想のワクを広げる❝革命的❞思考法「ラテラルシンキング」を磨き、人間にしかできない発想力を身につけようという内容の本です。

なお、本書はamazonの本読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」の対象になっています。

「amazonの読み放題サービス」キンドルアンリミテッドは、ビジネス書からマンガまで幅広いジャンルの本が読み放題です。ぜひこの機会にご検討ください。

スポンサーリンク
目次

『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』は、誰におすすめか?

本書はこのような人におすすめです!

『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』 がおすすめな人

  • 企画担当者
  • 常に新しいアイデアが欲しい人
  • 企業家
タロー

『ずるい考え方』ってなんだか怪しげな本だね(笑)

でもアイデアなんて、なかなか頭に浮かばないよ~

この本読めば、いろいろとアイデアが浮かぶようになるのかな?

パソコンくん

ははは(笑)

そう思うかもしれないけど、『ずるい考え方』とされる ラテラルシンキングは、 人をダマしたり、あざむいたり、不当な手段を実行するための考え方じゃないよ。

いままでにない発想ができるアイデアマンをつくるための本さ。

だから、大人はもちろん、子どもにだって読んでほしいと思うよ。

『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』はどんな本?

本書の目次

『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』

はじめに
第1章 ようこそ! ラテラルシンキングの世界へ
 ◇ラテラルシンキングってどんな思考法?
 ◇13個のオレンジを3人で分けるには?
 ◇なぜ、ラテラルシンキングが必要なのだろう?
 ◇あなたの身近にあるラテラルシンキング
第2章 ラテラルシンキングに必要な3つの力
 ◇疑う力 ~固定観念を打ち破る~
 ◇抽象化する力 ~物事の本質を見抜く~
 ◇セレンディピティ ~偶然の発見を見逃さない~
第3章 最小の力で最大の効果を出す
 ◇努力しないで大きなリターンを得るには?
 ◇ケース1 小さな工夫で定時離陸を実現した航空会社
第4章 相手の力を利用する
 ◇弱者が生き抜くための3つの方法
 ◇ケース1 トップ企業にはりついた化粧品メーカー
 ◇ケース2 「業界第2位」をアピールしたレンタカー会社
第5章 異質なもの同士を組み合わせる
 ◇新しい価値は「組み合わせ」から生まれる
 ◇ケース1 スティーブ・ジョブズのマッチングセンス
 ◇ケース2 ユニークな喫茶店 成功の秘密
第6章 先の先を読む
 ◇目先の利益だけを追求しない
 ◇ケース1 やがて生まれる需要に賭けた松下幸之助
 ◇ケース2 未来の世界を見通したトーマス・エジソン
 ◇ケース3 有利な報酬を選んだジョージ・ルーカス
第7章 ムダなものを捨てない
 ◇ムダなものは本当にムダなのか?
 ◇ケース1 タダのものを生かした浅野総一郎式ビジネス
 ◇ケース2 ❝もったいない❞がもたらしたノーベル賞
第8章 マイナスをプラスに変える
 ◇「ダメな部分」に隠れている宝物を探そう
 ◇ケース1 小林一三の逆転発想
 ◇ケース2 夕張市「負の遺産」を学ぶツアー
第9章 ラテラルシンキング力を試してみよう
 ◇Q1 何もない宿泊施設
 ◇Q2 ある喫茶店主の深い悩み
 ◇Q3 海外から押し寄せる質問メール
 ◇Q4 新しい調味料を売る方法
おわりに

著者の紹介

木村尚義(きむらなおよし)

株式会社創客営業研究所 代表取締役。 アカデミーヒルズ六本木ライブラリー個人事業研究会会長。

流通経済大学卒業後、ソフトウェア開発会社を経て、OA システム販売会社に転職。たったひとりでパソコンショップの運営を任されるが、パソコンマニアの常連に接客と機種説明を任せるなど、ラテラルシンキングを駆使して売上を5倍にする。

その後、外資系IT教育会社にて、それまでの経験を生かした研修を展開。2万人以上の受講生から好評を得る。従来の発想の枠を越え、常識にとらわれないビジネススタイルを「創客営業」と名付け、全国にてセミナーを実施中。

本書の内容

『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』 は、ズバリ!「発想力の多様性を育てる本」です。

amazonの書籍紹介より

『ずるい。』
この言葉から、皆さんはどんなイメージを受けますか?
・抜け駆け?
・ルール違反?
・独り占め?

周りにも、ずるいと思わせるような人がすぐに思い当たるのではないでしょうか。
こんなご時世だからこそ仕方ないと思うべきなのか。
それとも、実はずるい生き方が賢い生き方なのか。

「ずるい」という言葉には、一般的にはあまり良いイメージはありません。
しかし、一口に「ずるい」と言っても、いろいろな「ずるい」があります。

人を出し抜いて非難されるような「ずるい」もあれば、
「その発想はなかった……」と周囲をくやしがらせるような「ずるい」もある。
本書で扱うのは、こちらの「ずるい」です。

・常識にとらわれず、自由な発想を可能にする考え方
・最短ルートで問題を解決する考え方
・お金や時間をかけずに目的を簡単に達成する考え方

そんな思考法が本当にあるのか……?
あるんです。 それが、本書で紹介する「ラテラルシンキング」。

コウカワシン

ラテラルシンキングは、自由で柔軟な思考法です。ユニークであり、スマートであり、新鮮です。

「そうか、そんなやり方があったのか!」

本書は、そんなおどろきを発想できるコツがわかる内容になっています。

『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』の要点は?

「その手があったか!」

誰でも人生のうちで、このように感じたことがあったと思います。

自分で思いついたならまだしも、他人が今までにないアイデアで成功している姿を見て「ずるい~」と思ったことはないですか?

「してやられた~」と思いますよね。

たとえばですが、合コンなどである人が「集金係」を買って出てくれました。「集金係]なんて面倒なだけですから、誰もやりたがりません。

「やりたければ、どうぞ」ということになり、その人が担当になりました。

そして支払いをカードにしてポイントをもらい得をしたということです。

❝ずるい❞って言いたくなりますよね(笑)

何か問題が起こった場合には、その解決策を考えなくてはいけません。

もちろん、地道にじっくり解決していく方法もありますが、ちょっとした発想の転換で、今までにない楽な方法でゴールにたどり着けるかもしれません。

それが本書で紹介している「ラテラルシンキング」という考え方です。

ラテラルシンキングは、

  • 常識にとらわれず、自由な発想を可能にする
  • 最短ルートで問題を解決する
  • お金や時間をかけずに目的を達成してしまう

という思考法です。

本書では、その考え方とその必要性、ラテラルシンキングを使う際のコツを教えてくれます。

コウカワシン

その中からわたしの独断と偏見でポイントを紹介します。

ラテラルシンキングってどんな思考法?

発想のワクを広げる思考法「ラテラルシンキング」

ラテラルシンキングは、マルタの医師で心理学者のエドワード・デボノ博士が1967年に提唱した水平思考の考え方で、「どんな前提条件にも支配されない自由な思考法」ということです。

これと、対比するのが「ロジカルシンキング」(論理的思考法)です。

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは、A→B→Cというようにものごとを順番に積み上げながら、筋道立てて正解を導いていく考え方です。

ですので、思考の各ステップが正しくつながっていないと答えが出せない。つまり、論理の運び方に無理があれば正解にたどり着けないということになります。

このように一歩一歩階段を上がるかのように答えに近づいていくのがロジカルシンキングなのです。

常識や経験から、「正解」を導くために論理を掘り下げていくので、垂直思考と呼ばれることもあります。

これに対してラテラルシンキングは、解決策を導くための順番や過程はあまり問題ありません。

それどころか、スタート地点からジャンプして、いきなり答えに到達してもいいのです。

そしてラテラルシンキングには唯一の正解はなく、正解を導き出す際に視点を広げるためさまざまな選択肢が生まれます。どんなものであれ、問題の解決になるのならそのすべてが正解という考え方なのです。

これは、考え方にもよりますが、選択肢が多ければ多いほど、バラエティに富んだ正解が見つかるということでもありますね。

ラテラルシンキングの特徴

ラテラルシンキングの特徴を上げますとこんな感じです。

ラテラルシンキングの特徴

  1. あらゆる前提から自由になれる
  2. 今までにないものが生まれる
  3. 問題が最短ルートで解決される
  4. お金/時間/手間が節約できる
1.あらゆる前提から自由になれる

ラテラルシンキングは、「常識」にしばられず、ものごとを異なる角度から見ることを心がける思考法です。

たとえば、とんちで有名な一休さんの小話で「このはしわたるべからず」がありますよね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

四国在住。
ミニマリスト。趣味は映画観賞と音楽鑑賞、読書、野球観戦。
映画は特に好き嫌いなくほとんどのジャンルーを観ます。音楽はジャズとクラシックが大好きです。読書は歴史書が好きでよく読みます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる