MENU

『貧乏はお金持ち』から学び「マイクロ法人」を立ち上げ節税スキルを磨こう

コウカワシン

こんにちはコウカワシンです。

今回は、橘玲さんの『貧乏はお金持ち』から学ばせていただきます。

スポンサーリンク
目次

『貧乏はお金持ち』はどんな本?

本書の目次

『貧乏はお金持ち』

まえがき グローバル資本主義を生き延びるための思想と技術
1. 楽園を追われて/フリーエージェントとマイクロ法人の未来
2. もうひとつの人格/マイクロ法人という奇妙な生き物
3. スター・ウォーズ物語/自由に生きるための会計
4. 磯野家の節税/マイクロ法人と税金
5. 生き残るためのキャッシュフロー管理/マイクロ法人のファイナンス
あとがき 「自由」は、望んでもいないあなたのところにやってくる

著者の紹介

橘玲(たちばなあきら)

1959年生まれ

早稲田大学第一文学部卒業。

元・宝島社の編集者、雑誌『宝島30』2代目編集長。
日本経済新聞で連載を持っていた。
海外投資を楽しむ会創設メンバーの1人。


2006年『永遠の旅行者』が第19回山本周五郎賞候補になる。
国際金融小説『マネーロンダリング』『タックスヘイヴン』などのほか、 『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『幸福の「資本」論』など金融・人生設計に関する著作も多数。

言ってはいけない 残酷すぎる真実』で、2017年新書大賞受賞。近著に『もっと言ってはいけない』『働き方2.0vs4.0』『人生は攻略できる』など。

本書の内容

『貧乏はお金持ち』 の内容は?

2009年初版。

『貧乏はお金持ち』という題名から変な誤解を受けそうですが、日本のサラリーマンは税金を取られ放題に搾取されています。

それは、会社での雇用形態がそうさせています。本書では「「雇われない生き方」で格差社会を逆転する」とし、その方法が会社内独立であるとしています。別名「マイクロ法人」というこの形式は、かなりな費用を経費とし、利益を限りなくゼロにすることで税金ゼロを目指すという社会的弱者が合法的に国家から搾取する方法を伝授してくれます。

つまり、「儲けは出ていない、しかも赤字なのに、ゆとりのある生活をしているね」というのが本書の題名にもある狙いなのであります。

タロー

『貧乏はお金持ち』って変な名前だね(笑)

パソコンくん

ははは(笑)

たしかにそうだね。でもこのネーミングはなかなかにいいと思うよ。

キーワードは「いかに自分を弱者に見せるか」だね。帳簿上は赤字会計だから税金を免れ、しかも国の税制のスキを突き、蓄財もする。

この「マイクロ法人」のメリットを生かしお金持ちになってる人は増えてて、アメリカでは「フリーエージェント」のような組織に属さない生き方が一般化してるそうだよ。

そんな意味で、日本も早く一般化してみんなが自由な生き方ができるようになるといいね。

『貧乏はお金持ち』 は誰におすすめか?

本書はこのような人におすすめです。

『貧乏はお金持ち』がおすすめな人

  • サラリーマン
  • 独立起業を考えている人
  • 学生および新社会人
コウカワシン

リベ大の両学長も橘さん同様、「国民みんながマイクロ法人になったらえんや!」といわれています。

たしかにメリットもありますが法人にまつわる会計やファイナンスの知識はなくてはいけません。

そんな知識を知るのも本書を読む意味があると思います。

ということで、両学長の「マイクロ法人」動画を貼っておきます。お時間がある方はぜひ見てください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

四国在住。
ミニマリスト。趣味は映画観賞と音楽鑑賞、読書、野球観戦。
映画は特に好き嫌いなくほとんどのジャンルーを観ます。音楽はジャズとクラシックが大好きです。読書は歴史書が好きでよく読みます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる