野村監督の生き様から学ぶ『生き残る技術』は、自問自答により道を切り開く処世術

こんにちはコウカワシンです。

昨年、お亡くなりになった野村克也さんは、わたしが尊敬する人物のひとりとして今もなお心の中に留まっています。現役時代の輝かしい活躍もさることながら、指導者となられてもいつも注目をされ、その言動は報道や数多くの著書で伺い知ることができます。

わたしが野球を見始めた頃には、選手としての野村監督は晩年期を迎えてたので、その当時はあまり注目はしていなかったのですが、今も球史に残るような記録をお持ちで知らなかったことを恥じるしだいです。

ということで選手時代の野村さんよりは監督時代の野村さんの方がわたしにとっての「野村克也」でありますので、尊敬を込めて野村監督で通させていただきます。

わたしの中では、やはり、なんといっても印象に残るのがヤクルト・スワローズの監督就任です。当時のヤクルト・スワローズは、広沢克実池山隆寛といった活きのいい選手がいたにもかかわらず万年Bクラスのチームでした。

野村監督は「ID野球」をスワローズに根付かせようとしました。

ID野球

ID野球とは、考える野球の一種で「データー重視」で組み立てる野球理論です。

監督がチームを作り上げていく場合であるとか、プレイ中の選手が経験や勘に頼ることなく、データを駆使して科学的に進めていくという手段です。

このID野球は、野村監督が始めたものとして有名になりましたが、下地になったのは選手時代に積み上げた莫大な野球資料と南海ホークス時代に同僚だったドン・ブレイザー氏の教えがあったからとされています。

このID野球で育った選手は、今も球界で指導者として活躍されています。

さてさて、以前から尊敬する野村監督でしたが、真に印象に残った本があります。

それが『野村ノート』です。

組織の改革や、常勝軍団へ変貌、「野村再生工場」といわれた人材の活かし方、などなど、野球だけではなくビジネスにも応用可能なノウハウが詰まっていて、今も行き詰まると読み返したりします。

その他にも野村監督の名言をちりばめた著書などたくさんありますが、今回、遺作にもなった『生き残る技術』という本を取り上げたくなりました。

この表紙の失敗と書いて、成長と読む。・・・素晴らしいですね!!

実際に、野村監督は、選手に試合中の失敗自体で選手を叱ることはなかったと言います。いけないのは「何も考えていなかった」という意識に対してです。

野村監督は、いつも選手に対して「突き詰めて考えることの重要性」を説いています。これは思考と行動はつながっているという考えからです。

ミーティングでは、「野球とは?」「バッティングとは?」「ピッチングとは?」といった禅問答のような「とは?」に対し自問自答していくことで考える野球が備わっていくことを繰り返し行いました。

今回は、野村監督の『生き残る技術』から学んでみたいと思います。

さお本書は、キンドルアンリミテッドで読み放題の対象本です。

これを機にぜひご検討ください。

スポンサーリンク
目次

『生き残る技術』の内容は?

『生き残る技術』の目次

はじめに
第一章 「生き残る」ことの意味
第二章 私が生き残れた理由
第三章 生き残るための進化
第四章 結果を出し続ける条件
第五章 生き残るための自己管理術
おわりに

本書は、野村監督の「人生訓」の集大成といった内容です。

野村監督は、有名校の出身ではなく南海ホークスにテスト生で入団し、「どのようにすれば1軍に定着できるか?」「どのようにすれば打てるようになるか?」「どのようにすれば安定した成績が残せるか?」といった現役生活を送り野球エリートでない自分が野球界でいかに大成するかとか、監督となったときも「どのようにすれば勝てるか?」「どのようにすれば選手をうまく使えるか?」といつも考えに考え抜いた人であります。

そのことから、

  • 自身の経験から得た処世術
  • 生き残るための心得
  • 人材の育成・活用法

を、編み出され、「強い組織作り」に心血を注ぎ、「知で動く選手」をたくさん育てられました。

本書からわかることは野村監督の思考法や名言もふんだんに取り入れ野球だけでなく一般社会でも取り入れやすく説明した内容となっています。

タロー

野村克也さんの残した言葉に「王や長嶋はヒマワリ。私は日本海の浜辺に咲く月見草」があるよね。たしかに王さんや長嶋さんは人気球団の巨人だし、スーパースターだったから、それに対して自分は地味だって言ってるのかなあ?

パソコンくん

いやいや、野村さんの言ってる意味は違うよ!たしかに野村さんは昔はあまり人気が高くなかったパリーグでプレイしてたし、ホームランをシーズン52本打てば、王さんに55本で抜かれるし、脚光をいつも浴びるのは向こうとしていたけど、いつも「負けるもんか!」という気持ちだったんだ。

つまり、「誰も見ていないような場所にいても自分はキリっと花を咲かせている」という心意気を詠んだ言葉なんだよ。

『生き残る技術』は誰におすすめか?

本書がおすすめな人はこのような人です。

『生き残る技術』がおすすめな人

  • 組織の長・指導者・経営者
  • 何事にも消極的で自分に自信がない人
  • 向上心はあるのに結果が出ない人
コウカワシン

コンプレックスは誰にでもあると思いますが、そのことが自信が持てない原因になっている人はかなり多いのではないでしょうか?

ならば、そのコンプレックスを強みに変える思考を持てば自信が持てるようになります。ですので、ぜひいろんな年齢層、いろんな悩みを持つ人にもおすすめです。

『生き残る技術』の要点

まず、要点を絞る前に、野村監督が「プロ野球で生き残るための15ヵ条」を残されています。これはひとりでも多くの選手に長く活躍してもらうために考えられたものです。

【プロ野球で生き残るための15ヵ条】

第1条 人と同じことをやっていては、人並みにしかなれない
第2条 目的意識と目標意識を持つことがもっとも重要である
第3条 常に自信を持って挑む
第4条 「プロ意識」を持ち続ける
第5条 人真似(模倣)にどれだけ自分の(プラス)αをつけ加えられるか
第6条 戦いは理をもって戦うことを原則とする
第7条 状況の変化に対し、鋭い観察力、対応力を持っていること
第8条 セールスポイントをひとつ以上持っていること
第9条 自己限定人間は生き残れない
第10条 打者は相手投手に内角(球)を攻める恐怖を持たせ、投手は内角球の使い方がうまくなければならない
第11条 鋭い勘を日頃から鍛えておく
第12条 常に最悪を想定して対策を練り、備えておく
第13条 仕事が楽しい、野球が好きだ、の感覚を持て
第14条 時期(そのタイミング)にやるべきことを心得ている
第15条 敗戦や失敗から教訓を学ぶこと

どうですか!まさに金言のオンパレードですよね。プロ野球選手のみならず、われわれ一般の社会人にも染入る言葉ばかりです。厳しくも野村監督の慈愛満ちた言葉に感動し、紹介したくなりました。

それから、野村語録として有名な「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

勝負は時の運とはいうものの、ひとつだけはっきり言えることがある。偶然に勝つことはあっても、偶然に負けることはない、失敗の裏には、必ず落ち度があるはずなのだ。

松浦静山(肥前国平戸藩の藩主)

これはまことに、ビジネスの神髄に通じる言葉として好きな言葉の一つです。

コウカワシン

それでは、本書からいつものように私の独断と偏見で要点を抑えていこうと思います。

「生き残る」ことの意味を考えよ

「とは?」と問い続ける

厳しいプロ野球の世界に、名もないテスト生として入り、現役として26年も活躍することができたことの下支えになったのは考える」ということを続けてこられたからだと野村監督は言います。

現役の時も、監督になってからも、常に「~とは?」と自分に問い続けてきたそうです。

たとえば、「いい打撃とは?」「いい野球とは?」「勝つための練習とは?」「勝つための戦術とは?」といった日々の具体的な問いかけから、「野球とは?」「勝負とは?」「人生とは?」といった哲学的な問いかけまで、毎日自問自答されていたそうです。

これって、メンタリストDaiGoさんの「クリティカル・シンキング」と同じ考え方ですよね。このようにいつも自問自答することにより物事を深掘りして考えられるようになり向上心が持て、バランスのよい答えが見つかっていくのだと思います。

そのような思考法が身に付けば、精神的にも肉体的にも強くなります。

野村監督いわく、

「野球のやっかいなところは、深く考えなくてもできるところである。だから、プロの世界に入ってきた選手たちは深く考えないタイプが多い。肉体的、技術的に優れているため、深く考えなくてもある程度、野球ができてしまうからだ。

この私が、「頭脳派」などと持ち上げられてしまうものだから、プロ野球の体たらくは推して知るべし。」

とされています。ですが、

一般社会でも深く考えずにのほほんと生活している人がほとんどではないでしょうか?

つまり、一般社会でも「~とは?」と常に考えるクリティカル・シンキングをもっていれば、他人とは違う着眼点で、成功をおさめる可能性だってあるのです。

ですので、常に「とは?」を考える思考法を身につけるべきです。

変化を恐れない

あのイチロー選手は、さらなる進化を求め、毎年のようにバッティングフォームのマイナーチェンジをされていたそうです。あれだけの大打者でも常にアップデートをくり返しているということですね。

それは野村監督も同じで「こうしたらもっと打てるのではないか?」と、バッティングフォームについて考えては試し、考えては試しを続けていたそうです。

しかも、野村監督のポジションはキャッチャーです。レギュラーとなれば1シーズン130試合、休みなくマスクをかぶります。しかも立ったり座ったりを繰り返し、疲労が蓄積していきました。

疲れがたまると、当然ながらバッティングにも影響し成績が低下していきました。とくにインコースのボールが打てないことに気づいた野村監督はバットを一握り短く持ち、インコースのボールに対応できるように変化させました。

バットを短く持つと、それまでより飛距離が短くなりますが、それよりもバット操作の正確さを追い求めるためにバッティングのスタイルを変化させたのです。

わたしたちでも、今までのやり方を変えることってあると思います。

けど、今までのやり方を変えるのに躊躇することがないでしょうか?

たとえば、今まである程度の結果をもたらしてきたやり方を180度変えるなんて、とても勇気がいることです。ですが、時としてさらなる進化を求めるには、新しいやり方に挑戦しなければいけないときがあります。

その勇気を持てるかどうか。人の進化や成長は、そんなところにも大きく関わっていると野村監督は言います。

ピークを過ぎても生き残れる術はある

野村監督と言ったら「野村再生工場」と異名を取りますよね。

かつては光輝いたスター選手もしだいに輝きを失っていくのは仕方がないことであります。ですが、野村監督はそのようなかつてのスター選手にも、もうひと花、ふた花咲かせてほしいと思っています。

あの巨人の松井秀喜選手を通算13打数ノーヒットに抑え、松井キラーと恐れられた阪神の遠山奬志投手も野村監督がみごとに再生した選手です。

千葉ロッテを解雇され、野村監督の率いる阪神の入団テストを受け入ってきたのですが、もうすでにピークは過ぎていました。ですが、まだ1軍で勝負できるコントロールとキレがあったので左打者専用のワンポイントリリーフとして期待していたそうです。

当初は、松井選手に対し、ぶつけてけがをさせないように得意のインコースを突けない遠山投手に「おい、お前と松井はいくら年俸が違うと思っているんだ。向こうは億をもらっている選手。格下のお前が松井にぶつけてもどうってことない。松井の年俸にはぶつけられた分も入っているんだから気にするな」と言ったそうです。

そうしたら、気持ちが吹っ切れたのか、以降は素晴らしい松井キラーぶりを発揮し、その流れに乗って他球団の左の強打者も見事に抑えたそうです。

いやあ、あの松井選手と遠山投手の対決は、よく見ていたので見ごたえありましたね。本当に野村監督って見せ場を作るのがうまい人でした。

それから、わたし個人が覚えているのがヤクルトに移籍したばかりの元広島の小早川毅彦選手です。

彼も広島から自由契約となり野村監督のヤクルトに入団します。迎えた1997年の対巨人との開幕戦に野村監督は小早川選手に5番スタメンを告げ「お前は大学で1年から4番、プロで新人王、だから移籍一年目も必ずやれる」と背中を押しました。

小早川選手はなんと3打席連続ホームランをやってのけたのです。あの時の衝撃はすごかったですね!小早川選手を惚れ直しましたし、野村監督の人心掌握術に感動しました。

このことからピークを過ぎても、自分の特徴を知り、それを最大限生かすにはどうしたらいいのかを考えぬかなければいけないということなのです。なせばなります。

「生き残る」ために努力せよ

コンプレックスを生きる力に変える

人は大なり小なり、自分だけが抱えるコンプレックスというものがありますよね。まわりが恵まれていると思えば思うほど自分が情けなくて凹むことがあるのは、わたしにもよくわかります。

このようなときに、どうするかで、将来が変わってくると野村監督は言います。

野村監督がテスト生入団で、まわりを野球エリートばかりに囲まれて、コンプレックスに凝り固まる中、それを闘争心に変えて努力をされたのは、これまでの著書で書かれていることです。

自分自身だったら、自分の意識を変える意欲さえあれば、できることでしょうけど、自分の部下に「コンプレックスをバネにしろ」と言ったところで理解してもらえるかわかりませんよね。

でも、組織の向上を目指すには、その部下のコンプレックス克服が必須だとしたら、ぜひ奮起してほしいものですよね。

野村監督にとって、稲葉篤紀選手は、そうだったそうです。肩の弱い稲葉選手に外野へのコンバートの指令を出した時、稲葉選手は、「肩が弱い」コンプレックスを自覚し、そして闘争心に変え、努力をしたそうです。

そのために、「どうしたら肩の弱さをフォローできるか?」を考えぬき、そのためには、「捕球してからの動作を速くする」という答えを出し努力を重ね、結果、外野部門でゴールデングラブ賞の常連にまで成長されました。

やはりここでも「~とは?」の問いかけにより、コンプレックスさえも前向きに捉えるきっかけにするという、努力の方向性と動力源にすることができました。

たしかにプロのシビアな世界では、このような意識づけは必須なのですが、「どうすれば欠点を克服、あるいは補えるかは?」と考えるのは、われわれのような一般社会人でも必要です。

自分に対しても、他人に対しても、このような意識を持つことが人生においても生きてくると感じる今日この頃です。

臆病者こそ生き残れる

世間的に「ネガティブに生きるより、ポジティブに生きよう」という風潮があり、そのようなポジティブシンキングをうながす書籍がかなりな数、出回っていますよね。

ですが野村監督は、「ネガティブで何が悪い?」と問います。

「ネガティブ=マイナス思考=小心者」と、自らを分析する野村監督ですが、これはキャッチャーにとって大きなメリットなのだと考えました。つまり、常に最悪な状況を想定し対策を打つ危機管理こそがキャッチャーを担当する者の適正としたわけです。

臆病でマイナス思考な人間だから、危機意識を持ち続けてきた。結果、プロの現役生活も26年を勝負強く戦ってこれたと言います。

ではなぜ、マイナス思考だと勝負強くなれるのでしょうか?

その最大の理由は、「マイナス思考の人間は成功よりも失敗に目を向けられるからだ」と野村監督は答えます。

野村監督は、重ねて、「ポジティブシンキングな人は失敗には目を向けず、常に前向きに生きている。それだと、どうしても成功体験ばかりに頼り、大切にしがちになる」と警鐘を鳴らします。

さらに「マイナス思考の人間は自分の成功体験にはあまり目を向けず、「なぜ失敗したか?」「次も失敗するのではないか?」と失敗ばかりを考える」とマイナス思考の特徴を述べられます。

マイナス思考であるメリットとして「「なぜ失敗したか?」から原因を探り「次に失敗しないためにはどうしたらいいのか?」と対策を立てることができるとされてます。

ここで、ひとつ付け加えることがあると野村監督は言います。

それは、「❝小心❞でありながらも心は強くあらねばならない」ということです。この世で図太く生き残っていくのはポジティブシンキングの人間ではなく、マイナス思考の小心者であり、小心者であっても心の芯は強くなければならない。

つまり、「なにくそっ!」って思う気持ちなんですよね。

短所を克服すると伸びしろが大きくなる

最近では、「短所のことは気にせず、長所を伸ばしましょう」という教育が流行っています。でも野村監督は「短所も修正すべきだ」と説きます。

たしかに、短所を克服しないで、長所のみで戦えるほどプロの世界は甘くないと思いますが、われわれ一般社会人だって「短所が克服」できたら見える景色も変わってくるのではないでしょうか。

ではどのようにして短所を克服すればいいのでしょうか?

野村監督は、現役時代カーブ撃ちが苦手で色々と悩まれました。練習では打てるのに試合になると打てなくなるのです。他の打者に聞いてもわかりません。すると、「練習でカーブが打てるのは、カーブが来るとわかっていたから」という答えを見つけました。

そこから編み出したのが「相手投手の配球パターンを読む」ということです。ただやみくもに「次はカーブだ」というようなヤマを張るという勘ではなく、相手投手の投げパターンをスコアラーさんの記録を参考にデーターにしたのです。

これが野村式「考える野球」の基礎となり、相手投手の配球、投球時のクセを読みカーブ撃ちを克服されました。これもマイナス思考からくる危機管理の一環でありますが、大いに参考にしたい短所克服法ですね。

「生き残る」ために進化せよ

長所の活かし方

短所を克服することも大事ですが、持って生まれた長所なら伸ばすことはさらに飛躍するきっかけになります。

野村監督は、阪神監督時代に新庄剛志選手のさらなる飛躍を願い、ピッチャーの練習をさせたことがありました。あの時はかなり話題になりましたのでご存知の方も多いと思います。

なぜ新庄選手にピッチャーの練習をさせたかですが、まずピッチングには配球を組み立てるという作業をします。そしてピッチャーは下半身の使い方がうまくなければ投げられません。

つまり、ピッチャーの配球を読む力と下半身の強化と使い方の練習になったのです。それまでの新庄選手は素質だけに頼りバッティングしてきましたが配球を読む、すなわち「考えるバッティング」を会得したことで新庄選手のバッティングは飛躍的に伸び、大リーグでも活躍されました。

新庄選手にそのまま野球理論を詰め込むようなことはせず、興味のあることに熱中させ、基本的には新庄選手の思い通りの練習をさせながら気づかぬうちにいろんなことを知ってもらうという指導者の鏡ともいえる指導法に・・・感服しました。

自信をつける

先ほど、「ネガティブ思考こそ生き残るための大事なスキル」と紹介しましたが、ただネガティブなだけではいけません。ネガティブだけに凝り固まると「どうせダメだ」とか「自分の力はこんなもん」と言って伸び悩む原因になるからです。

ネガティブ思考だけではなく、「自信」を持つことが生きていく中でとても重要です。自分自身で自信を取り戻せる選手は良いとして、なかなか自信が持てずにはい上がれない選手には指導者の関りがとても大事になってきます。

実力はあるのに、なかなか芽の出ない選手が、くすぶっている理由は、本人の性格や野球に対する取り組み方など、その選手自身のことが原因になることが大きいですが、指導者はなんとか持てる力を引き出してあげなくてはいけません。

指導者としての大事な考え方としては「選手が発揮できないのは指導者の側に原因がある」と思うことです。そのような指導者は原因を探り、対処法を考え、選手に自信をつけてやれることができるのだとし「野村再生工場」の骨子とされています。

突き詰めて考える

野村監督は、毎日のミーティングの中で「考えることの重要性」を重点に説き続けました。

野球というスポーツは、ピッチャーが一球投げるごとに間が入ります。間があるということは「考える時間がある」ということです。その間に深く考えれば考えるほど、人はいろんなことに対処できるとされています。

そこで、野村監督が選手たちに「〇〇とは何だ?」とか「〇〇とは?」と、あらゆることに疑問符をつけ、突き詰めて物事を考えるようにミーティングで提起されてきたそうです。

「野球とは?」

「バッティングとは?」

「ピッチングとは?」

まるで、哲学的な問いばかりですが、そういったことを考えていくと、また新たな別の「〇〇とは?」が浮かび上がり、それを自問自答していくことで野球への理解が深まり、「考える野球」が実践できるようになるとされています。

これをぜひわれわれは、一般社会にも適用していかなくてはいけませんね。

「生きるとは?」

「生き残るとは?」

「共に生きるとは?」

考えれば考えるほどキリはありませんが、まずは自分からこの突き詰めて「生きるために」考えるから始め、今後の世の中に生き残る術や自分の大事な家族や仲間を守る方法を考えていくべきですね。

『生き残る技術』の感想・まとめ

「変化できないヤツは生き残れない」

人が変化するとか影響を受けるときって、なにかしらタイミングがあると思います。それはたぶん「失敗した」とか「悔しい思いをした」とかネガティブ思考に陥ったときだろうと思います。

本書から学んだことで大きかったのは、「マイナス思考の人間は成功よりも失敗に目を向けられる」です。自分への反省点として、「あの時、うまくいったから今度もうまくいく」といった根拠のない自信で、物事を進めることが多かったです。

そこで生きてくるのが先ほどの「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」です。負けた・・・つまり、失敗したことには何かしら根拠があって失敗したので、その原因を探らなくては、人として成長できないと感じました。

勝ったこと、つまり成功例ばかりを取り上げてみたところで、いろんな要素が重なっての成功なので再現性があるとは限らないのです。

ですので、本書では「「勝った理由」を分析するのも生き残る道」としています。

本書では、野球を通じての人生訓を社会人にでも応用可能な「生き残る道」として、野村監督流の思考法を用い「心の持ち方」「生き残り戦略」「自己管理」と多岐にわたって解説してくれています。

たぶん、中学生以上なら理解できる内容です。どの分野でも使える考え方としてぜひご一読いただきたい本です。

コウカワシン

最期までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

四国在住。
ミニマリスト。趣味は映画観賞と音楽鑑賞、読書、野球観戦。
映画は特に好き嫌いなくほとんどのジャンルーを観ます。音楽はジャズとクラシックが大好きです。読書は歴史書が好きでよく読みます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる