【学び】元海上自衛官が語る「五省」(ごせい)に見る真のリーダー像

こんにちはコウカワシンです。

私が海上自衛隊に入隊して学んだことに「五省」(ごせい)があります。

旧海軍時代から将校向けに教えられたものですが自分への戒めや見つめ直しにとてもためになる言葉で今でも自問自答する中で思い出す言葉です。

今日はこの「五省」(ごせい)についてお話ししたいと思います。

「五省」(ごせい)

一、至誠に悖(もと)るなかりしか
二、言行に恥づるなかりしか
三、気力に欠くるなかりしか
四、努力に憾(うら)みなかりしか
五、不精に亘(わた)るなかりしか

スポンサーリンク
目次

「五省」(ごせい)とは

「五省」は昭和7年に、当時の海軍兵学校長 松下元(はじめ)少将が創始したものです。
海軍兵学校についてですが旧海軍時代に将来の海軍リーダーを養成する教育機関です。
その兵学校生徒に日々の各自の行為を反省し明日の修養に備えるため5ヵ条の反省事項を設置し日々、生徒に実施させたということです。

今では海軍兵学校も海上自衛隊幹部候補生学校となりましたが、今でも学生の本分に照らして自らを反省し一日を終えるための良き伝統として継承されているそうです。
海上自衛隊幹部候補生学校の隣には第1術科学校があり私も学ぶことができました。

「五省」(ごせい)の意味

一、至誠に悖(もと)るなかりしか

誠実さや真心、人の道に背くところはなかったか

二、言行に恥づるなかりしか

発言や行動に過ちや反省するところはなかったか

三、気力に欠くるなかりしか

物事を成し遂げようとする精神力は十分であったか

四、努力に憾(うら)みなかりしか

目的を達成するために惜しみなく努力したか

五、不精に亘(わた)るなかりしか

怠けたり面倒くさがったりしたことはなかったか

「五省」(ごせい)から学ぶこと

旧海軍時代から現在まで継承されているこの「五省」は伝統として素晴らしいと感じました。

多少、宗教的・哲学的な意味を持ちますが道徳としての人の道、人の倫理観が育つ非常に良い教育だと感じます。

海軍、海上自衛隊という組織に適用されるだけではなく人間とは一人一人が弱い存在なのであるから日々の反省が必要であると思います。

真のリーダーとして求められること

真のリーダーとして大事なことはまず

  • 常に目標を掲げること
  • 失敗を恐れないこと
  • 部下を信頼すること

ではないでしょうか。

確かに物事にはもめたり失敗したりすることもあります。
その都度、原因究明・反省を繰り返さなければいけません。

それにはこの「五省」が必要なのではないかと思うわけです。

真のリーダーは決して「原因他人論」にはしないし「五省」を踏まえ組織の団結に力を注ぎます。
そして部下も「五省」を意識する組織は強力な戦闘力を保持しているといえるわけです。

まとめ

この「五省」は我々一般人も取り入れる必要があると思います。
それによって得られるものは

  • 自分を見つめ直せる
  • 一人の行動が組織に波及する
  • どんな分野でも生かせる

であり、このようなプロセスはリーダーになる人は必要不可欠なものであると考えます。

その上、PDCAとして有効であり実行できる人が「真のリーダー」となるのではないでしょうか。

何も上記のような「五省」でなくてもよくて、自分なりの「五省」、「マイ五省」を作って毎日就寝前の5分、自問自答すれば良いのだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

四国在住。
ミニマリスト。趣味は映画観賞と音楽鑑賞、読書、野球観戦。
映画は特に好き嫌いなくほとんどのジャンルーを観ます。音楽はジャズとクラシックが大好きです。読書は歴史書が好きでよく読みます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる